« 浄妙寺界隈晩秋 | トップページ

2018年3月13日 (火)

「それだけじゃないんだ」

B12091603

ちょうど一か月前の今日、
二月十三日午前五時四十五分頃、
大宮市内にて「胸の振り子さん」が、
車で出勤途中、交通事故に遭い亡くなった。
筆者にとって、近頃では、最も親交があった「友」だった。
当ブログの投稿も、
常に彼が読んでくれるのを、
前提に書かれたことを告白しよう。
初めて彼と逢った日が、昨日のことのように想い出される。
2007年春、その年の9月に開催された、
銀座の喫茶店の一室で、
賛同者が初めて顔を合わせた時だった。
ドアを開けて、部屋へ入ると、
正面に、大柄で、柔和で、
筆者より、ずっと年上な風情の男性が、
眼鏡の奥から「優しい眼差し」を、
こちらへ向け、微笑みながら座って居た。
帰りの地下鉄のホームでぽつりと、
「中沢新一」の「東京アースダイバー」について語りかけたのが、
「最初の話題」だった。
その後、彼のブログには、
「それだけじゃないんだ」とコメントされていた。
それから「話の続き」は、事故前日の二月十二日まで、
途切れることはなかった。
筆者が、この一か月間に受けた心身のショックは話すまい。
「振り子さん、でも、未だ、それだけじゃないんだ…」
B18031301
 今日、寓居裏の谷戸の杜で観つけた、
 カタクリの花一輪を、
 彼へ捧ぐ。
右欄のBookmarkにリンクを張った彼のブログ、
“A Moveable Feast“は、その儘にして置こうと想う。

|

« 浄妙寺界隈晩秋 | トップページ

日々の写真とエッセイ」カテゴリの記事

コメント

突然の失礼お許しください。
私は、振り子さんとは一面識もない熊本在の者です。
悲しい報せからひと月、kansukeさんをはじめ皆様方のご友情に感銘を受けつつ、ブログやtwで見知っただけの振り子さんを偲んでおります。

さて、件の猫娘さんの名前ですが、A Moveable Feastの中に
記載があったと思います。うろ覚えですが、かな二文字で、地の文ではなくコメント欄のどこかだった様な気がします。私もブログを読み返し始めましたが、たどりつけてません。どうかBirdさんにもお伝えいただければ。

日本の片隅には、こういう振り子ファンも居たのです。
富山の常宿もどうやら共通だし、八尾でお逢いできるかな。

いらぬおせっかいで連絡先として利用しましたこと、重ねてお許しください。
 

投稿: 剣岳 | 2018年3月15日 (木) 02時47分

とんでもございません。
ほんとうにご贔屓、
有難うがございました。
「彼」に成り代わって、
御礼申し上げます。
お陰様で、
「猫」も、
「彼の故郷」に落ち着きました。

投稿: kansuke | 2018年3月15日 (木) 10時42分

文章を書く以上、読み手をイメージするのは至極当然のことと思います。
私もそうでした。
他の読者?の方とはお目にかかったことはございませんので、「振り子」さんをイメージして書いていたことを、今ここで白状します。

投稿: 八尾出張所 | 2018年3月15日 (木) 22時09分

八尾出張所さま
コメント頂き有難うございます。
「彼」は文字にもマメな人で、
必ず目を通してくれたものです。
「書き甲斐」があったわけですね。
今でも「そのつもり」で書いて居ります。

投稿: kansuke | 2018年3月16日 (金) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浄妙寺界隈晩秋 | トップページ