日々の写真

2020年9月14日 (月)

日々の捨身 九月十四日

B2020091401

当地、多摩丘陵へ越してきて、

はや十年近くに成ろうとして居るが、

「クマゼミ」は、寓居裏の谷戸の杜で鳴き声を、

聞くことはあっても、未だその「姿」を不観。

今朝、窓下で羽根をバタつかせる音がする。

大方、いまはこうの、

「アブラゼミ」か「ミンミンゼミ」であろうと観れば、

「クマゼミ」なのであった。

暫し部屋でお過ごし頂いてから、傍らの欅の幹へ放生す。

西国の蝉だと想っていたが、身近で実見するとは。

やはり「温暖化」の験なのであろうか。

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

日々の捨身 2020年八月二十八日

B2020082802

静かに往き過ぐ十一年目の夏…

この間、いろいろあったはずだけれど、

今は只、瞑目するのみ。

蝉たちも往き去る…

| | コメント (0)

2017年12月 5日 (火)

浄妙寺界隈晩秋

B17120110B17120110_4

直義の墓所を拝観後、暫し浄妙寺界隈の晩秋を満喫した。
B17120111
B17120112
B17120105
B17120107
B17120108
B17120106
B17120109
浄妙寺門前の六浦道沿いを流れる滑川で観た紅葉哉…
(捨身 FujiFilm XQ1)

| | コメント (0)

2016年7月27日 (水)

日々の捨身 7/27

B16072701

梅雨明け間近。
新たにFujiFilm XQ1を導入、試し撮り一枚目哉… 
(捨身 FujiFilm XQ1)

| | コメント (0)

2016年2月14日 (日)

神田万世橋界隈(8)

B16020101

櫓門を枡形の内側から観る。
隙間なく積まれた「切込接」(きりこみはぎ)の石垣が美しい。
B16020102
「雁木」(がんぎ)と呼ばれる、階段状の石積み。
表面を丹念に削った鑿跡へ眼が往く。
江戸城には「伊豆石」が多く使われたと云うが、それであろうか。
B16020103
門扉の鉄金具や蝶番、白壁の漆喰も綺麗に塗り直されていた。
B16020104
(捨身 Canon M3)

| | コメント (0)

2016年1月29日 (金)

神田万世橋界隈(7)

B16012701

高麗門をくぐり「枡形」の内へ入ってみる。
桜田門の場合、水濠の中に突き出た立地で、
根石を積んだ土塁(腰巻石垣と呼ぶらしい)上に土塀を廻らして、
「枡形」を囲む構造になって居る。
現在、一部工事中で、全貌を見渡せないのが残念だ。
B16012702
すぐ右へ、直角に折れると、立派な「櫓門」がある。
江戸城の往時の遺構をほぼ留める構造物として、
数少ない重文指定だが、関東大震災後に大きく修復の手が入り、
先だっての東日本震災でも、瓦が落ちるなど再び被災、
数年前まで、二度目の大規模な修復工事が行われていた。
B16012703
門扉の鉄金具や木部は、綺麗に復元されている。
B16012704
「櫓門」を出た向こう側から「枡形」を覗く。
やはり、現存する近世城郭の中では、図抜けて大きい城門だろう。
こんな城門(枡形門とも呼ぶ)が「筋違御門」も含めて、
江戸府内の各所に聳えていたわけだ。
(捨身 Canon M3)

| | コメント (0)

2016年1月25日 (月)

神田万世橋界隈(6)

B16012401

今回の探索の仕上げに、
「筋違御門」とよく似た構造の「桜田門」(現存)を観てきた。
まず、水濠の橋(現存せず)を渡ると、手前に「高麗門」があり、
門内は「枡形」になって居る。すぐ右手へ直角に曲がれば、
「桜田門」である。上掲右側の櫓がそれだ。
B16012402
堀側へ張り出した「櫓門」の右隅。
B16012403
「高麗門」の正面に立つ。
B16012404
「高麗門」とは、内側左右の「控柱」(ひかえばしら)の上に、
屋根が設えられた形式の門を云う。
(捨身 Canon M3)

| | コメント (0)

2016年1月19日 (火)

神田万世橋界隈(5)

B16011804

明治五年(1872)筋違御門、見付、及び筋違橋は取り壊され、
石垣の石材を再利用して、洋風の二重アーチ橋、
万世橋が架けられた。
現在の橋は三代目で、震災後の帝都復興事業に拠り、
昭和五年(1930)元の場所から、やや下流に再建されたものだ。
幕末維新期に撮られた古写真を掲げる。
B16011009
現存の桜田門によく似た、堂々たる見付(枡形)だ。
立派な櫓門の筋違御門、そして橋前の高麗門、
筋違橋は伝統的な反り橋で、欄干に擬宝珠を備える。
赤坂見附の初代弁慶橋(明治二十二年=1899 築)の擬宝珠として、
転用されたとも云う(今の弁慶橋は昭和六十年=1985 築)
B16011805
神田川対岸の、カメラ位置とおぼしき場所に立ってみた。
もとより、赤レンガアーチの高架橋と旧万世橋駅跡以外、
往時を偲ばせる遺構は何も残って居ない。
B16011802
(捨身 Canon M3)

| | コメント (0)

2016年1月16日 (土)

神田万世橋界隈(4)

B16011004

旧万世橋駅下の高架橋は、創建当時(明治45=1912)の、
赤レンガアーチを残している。
最近、駅跡の遺構を整備して、ショッピングモールが開店した。
上掲は「昌平橋」側より「万世橋」方向を見通したところ。
因みに初代駅舎は、東京駅と同じ辰野金吾の設計だった。
B16011501
明治末から大正期にかけて、
万世橋駅前は、帝都東京屈指の繁華な場所だったようだ。
朧げながら、その賑わいの記憶を父親が話したことがある。
ある意味、良き時代だったのか。
しかし、辰野金吾の瀟洒な赤レンガ駅舎は、
大震災(大正十二=1923)で焼失した。
再建は成ったが、中央線の東京駅延伸などで、
駅前は衰退、戦時中の昭和十八年(1943)廃止に至る。
B16011003
大正十四年(1925)頃の万世橋駅前を撮ったものだ。
広重の「筋違内八ッ小路」とほぼ似たような構図を取る。
奥のガードは「昌平橋」、右手に二代目駅舎とホーム、
左上方遙かに、お茶の水の白い「聖橋」が観える。
手前に立つ銅像は、有名な「広瀬中佐と杉野兵曹長」だが、
敗戦直後に撤去されとたと云う。
(捨身 Canon M3)

| | コメント (0)

2016年1月13日 (水)

神田万世橋界隈(3)

B16011006

江戸後期の「切絵図」で「八ッ小路」と「筋違御門」を示す。
中央やや下、左の神田川上流より「昌平橋」「筋違橋」と並ぶ。
下方、右斜めに日本橋方向から、中山道が入り、
左斜めに御成道が「八ッ小路」に入ってくる。
御成道とは、将軍が菩提寺たる上野寛永寺へ参拝する道と云う。
二つの道は「筋違橋」と渡ると、再び別れ、中山道は左上方、
神田明神と湯島聖堂の間を抜けて、本郷、板橋へ向かい、
御成道は、右上方へ「筋替え」て直上、上野へ至る。
「筋違橋」の袂、墨線の四角い囲みは「枡形」を表し、
左側の切れたところが「筋違御門」になる。
B16011008
現在の万世橋上から「昌平橋」を観る。
眼前、左岸の赤レンガアーチ高架橋下に、
「筋違橋」が架かっていたようだ。
高架橋の上は、甲武鉄道(現中央線)旧万世橋駅跡だ。
(捨身 Canon M3)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧