2014年10月17日 (金)

神保町で「昭和のナポリタン」を食す

B14101601

東博の特別展「日本の国宝」(~12/7)を観に往ったのだが、

例によって、御茶ノ水で途中下車してしまった。

B14101602

こういう、他愛のないものが、無性に食べたくなるのだ。

典型的な、昭和の喫茶店の「ナポリタン」である。

「さぼうる」は、ウン十年振りだろうな。

相変わらず、盛りは凄いけど、値段は財布に優しいのが嬉しい。

まぁ、懐しの味に如かずと云ったところか。

B14101603

店内も、あの頃の儘だ。

「国宝展」のほうは、稿を改めよう。

(捨身 Canon S110)

| | コメント (2)

2014年7月 7日 (月)

神保町で「元祖冷やし中華」を食す

B14070601

久しぶりの晴れ間に誘われて、都心へ出た。

想い立って、御茶ノ水で降りる。

B14070602

懐かしの、神保町すずらん通りである。

所謂「元祖冷やし中華」を食べたくなり、

とある老舗中華料理店を目指したのだ。

B14070603

なるほど、こんな味か。

もとより、クラシックなスタイルを墨守して居る。

この店で最初に供されたのが、昭和八年と伝わっているから、

爾来、冷やし中華八十有余年の歴史と云うこと哉…

………………………

元八王子のほう、締めに入ります。もう一寸お付き合いの程を…

(捨身 Canon S110)

| | コメント (2)

2014年4月20日 (日)

鎌倉大仏前の中華料理店

B14041901

一寸、閑話休題を…

今回、鎌倉・極楽寺長谷界隈を探索中に、

大仏前の通りで、気になる中華料理店を見つけた。

幼少期、横浜中華街の裏通りで、父親が贔屓にして、

よく通った店と、同じ名前なのだ。

一度、入ってみたいと想った。

B14041902

土曜の夕方、横浜で落ち合った、振り子さんを無理に誘って、

この店に往った。

中華街の店とは、全く関係が無いと判ったけど、

懐かしい定食=@\1230也 の味はまずまずだった。

(捨身 Canon G1X)

| | コメント (0)

2013年6月27日 (木)

心太(こころふと=ところてん)食ひたし…

B13062601

梅雨時の鬱陶しさを払わんと、

何か、つるっ、さっぱりしたものが食ひたくなった。

やはり、ところてん、なんか相応しい。

ところで、ところてんとは、「心太」と充てるけれど、

本来は、読んで字の如く「こころふと」なのである。

中世世界でも、人気の食べ物だった。

「こころふと」を売る女性(心ふとうり)の姿が、

「七十一番職人歌合」(室町後期16C初)に出てくる。

既に、心太突き(何処かで出土したか?)を使って調理している。

手前には、曲げ物に冷し固めた「こころふと」と、

切り分ける包丁、盛り付ける青磁碗が観える。

そうか…青磁碗で食ったら、美味いかもしれんな。

B13062602

(捨身 OLYMPUS XZ-10)

| | コメント (0)

2012年6月 6日 (水)

武蔵府中でチャーハン

B12060602

武蔵府中で降り、渋谷中古カメラ市で入手したばかりの、

三代目ライツミノルタCLの試写、大國魂神社界隈で一本費やす。

レンズも同時新調した、Mロッコール40㎜F2だ。

……………

参道中程の、例の昭和レトロ食堂にて、

今日はチャーハンを頼んでみた。

去年夏以来、冷し中華カツ丼と、懐かしの味哉。

……………

薄暗い社叢林で、今年最初の薮蚊の総攻撃に遭いつつ、

復路は郷土の森博物館まで足を伸ばして、

「武蔵府中の板碑 -石に刻まれた中世-」(~7/1)を観る。

(捨身 CX5二代目)

| | コメント (0)

2011年7月28日 (木)

横浜馬車道で本格冷し中華を食す

B11072701

B11072703

B11072704

B11072705

B11072706

神奈川県立歴博で開催中の、

「特別展 ワーグマンが見た海―洋の東西を結んだ画家」(~7/31)

(入りは上々だ。平常展のほうにも、見るべきものがあったので、

 これは稿をあらためる)

を観に行ったのだが、横浜馬車道の「生香園」の前を通ったら、

其処の冷し中華が食べたくなった。

有名店だから、いささか高級で@¥1260也

馬車道から伊勢崎町界隈をちょっと歩いてみる。

かつて、遊び場だった頃の店は殆ど姿を消し、

今でも営業しているところは僅かである。

その中の一店、「花見せんべい」にて、

昔ながらの、白砂糖まぶし煎餅を求めた。

(写真 CX5)

| | コメント (2)

2011年7月12日 (火)

八王子宿にて冷し中華を食す

B11071102

B11071104

箱根湯本と小田原探索に触れる前に、

近世甲州道中の八王子宿跡にある、

地元製麺所の直営店にて、冷し中華を食べてきた。

この店は、デパ地下の物産展で知った。

伝統の蕎麦やうどん、ほうとうの他に、

各種中華麺もラインナップしており、

どれもなかなかいけて、気に入っている。

そんなわけで、筆者は今、密かに、

此処は、ちょっとした麺食文化の先進地域ではないかと、

睨んでいるところなのだ。

(併せて、本日は近世八王子宿の探索も行なったので、

 箱根湯本・小田原編の後にアップします)

(写真 CX5)

| | コメント (0)

2011年2月21日 (月)

白山の美酒に酔う

B11022001

先程まで振る舞い酒にて、ほろ酔いで戻ったばかり。

何処の産と見るに、なんと、加賀はあの白山々麓、

「山廃純米原酒 天狗舞」であった。

バランスが良い、秀麗な酒だ。

もちろん、水も白山、じっくりと味わった。

なんだか、白山権現がお呼びになっているみたいだな。

…………

恥ずかしながら、ホームセンターなるところへ初めて行って来た。

噂には聞いていたが…

引越しで散逸した事務用品、リビング用品等を調える。

ごろ寝しながらの書見に、これは便利と、

「長座布団」をというものを衝動買いしてしまった。

下は猿丸峠山中、白山社境内の深山幽谷。

B11022002

(写真 上CX5 下S95)

| | コメント (0)

2011年1月 2日 (日)

やっと、鴨南蕎麦を食す

B11010201

終日、インフルの養生にて過ごす。

少し食欲が戻って、近所の激安スパーで仕入れておいた、

冷凍・鴨南蕎麦を食べた。思ったよりいける。

¥200を切って、焼き葱、鴨肉など全て具材入り、

レンジと熱湯のみのクックレスで、とても楽だ。

因みに、めん鉢は今回の引越しで出土したもの。

随分前に、岡山・備前の人間国宝の「孫」の作品と聞き、

これまた格安で、人に勧められて購入した。

件の人間国宝は亡くなって、代替わりしたというから、

今は値段が上がっているかも…

(写真 CX3)

| | コメント (0)

2010年7月22日 (木)

鰻を食す

B10072101

季節柄、鰻が食べたくなった。

しかし、今年はとりわけ価格が高騰している。

そこで、台湾産解凍鰻蒲焼というのを店頭で見つけてきた。

食べる前に日本酒小さじ2ほどふりかけ、

ラップで軽く包み、レンジで蒸らすように1分少々温める。

こうすれば、ふっくらとしてくるので、まぁ食べられるのだ。

一人前で、@\390也

山形・最上産なめこ(一袋@\48也)と、

山口・下関産赤だし味噌でなめこ汁をつくり、

同じく、山形・庄内産つるむらさき(一束@\100也)のお浸しと、

岐阜・関市産国産大豆・枝まめ豆腐(小一個@\95也)の、

冷奴を添えた。

これで酷暑も何とか…

(写真 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 PR400)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧