写真の話題

2018年8月22日 (水)

第11回東京8X10写真展

B18082102

今年も第11回 2018 東京8X10写真展が開催された。
(会場:江東区文化センター 会期:8月20~26日)
B18082101
「胸の振り子さん」の遺作も展示されている。
B18082103
昨日の午前、ひとり「彼」と再会してきた。
一つの「物語」と、
とりわけ暑かった「今年の夏」が、
終わってしまったような感慨に耽る。
帰りに大手町で降り、
三の丸尚蔵館にて開催中の、
「春日権現験記絵~甦った鎌倉絵巻の名品」(修理完成記念)
を観る。
そう、「彼と同行二人の旅」はまだ途上なのだ。
(捨身 FujiFilm XQ10)

| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

TRI-X テスト撮影(1)

B12092601

この夏、奈良往きの前に、TRI-X400を詰めたCLで、

テスト撮影をしていた。

撮影地は、府中の郷土の森と高幡不動である。

……………

此処に至って、またぞろ、

国産銀塩フィルムの供給が急を告げてきたと聞くが、

本当なのだろうか。

あれこれ考えても、当面致し方無し。

(捨身 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 TX400)

| | コメント (0)

2012年8月10日 (金)

夏の朝 (2)

B12080902

鶴岡八幡宮も朝がいい。

想わぬものが観られる。

これも、2008年夏 鎌倉にて

(捨身 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 CENTURIA)

| | コメント (0)

2012年8月 7日 (火)

夏の朝 (1)

B12080601

2008年 夏の朝 北鎌倉にて。

鎌倉の夏は、蒸し暑さと薮蚊で耐え難い。

それで、早朝を狙って、撮りに行っていた。

昼前には、渋谷に戻っていたはずである。

人気の少ない円覚寺境内は、本来の空気を蘇らせ、

なかなかの風情だった。

(フィルム画像が見たくなったのでアップしました)

(捨身 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 CENTURIA)

| | コメント (0)

2012年6月 5日 (火)

フィルムカメラを持って…(4)

B12060501

渋谷中古カメラ市で「結縁」したというのは、

三代目のライツミノルタCLなのである。

35年以上経った古いフィルムカメラを実働状態に保っていくのは、

実は容易なことでない。絶えず何らかの問題が生じる。

(今回は、シャッター幕にカビがきていた!)

でも、今、このカメラが一番性に合っているのだから、

使い続けていきたいのだ。

市場で、より状態の良いCLを見つけると、

出来るだけ入手し、手元のものと交換することにしている。

三代目はシリアルナンバーが新しく、

ファインダーはずっとクリアー、メーターのレスポンスも頗る宜しい。

外観は軍艦部に微細な凹みがあるだけだ。

CLの金属ボディーが薄く脆弱なのは、大きな欠点だが、

これは止むを得ない。気をつけて使うしかないだろう。

(捨身 ライツミノルタCL ビオゴン28㎜F2.8ZM SPG400)

| | コメント (0)

2012年5月28日 (月)

フィルムカメラを持って…(3)

B12052801

何だかんだ云っても、フィルム画像は眼を疲れさせない。

だから、定期的に観る必要が生ずる。

もとより、捨身としての可否は別問題だ。

(捨身 ライツミノルタCL ビオゴン28㎜F2.8ZM SPG400)

| | コメント (0)

2012年3月21日 (水)

フィルムカメラを持って…(2)

B12031901

高校の写真部時代、皆がニコマートかペンタックスという中で、

一人だけ、発売間もないオリンパスOM1を持っている男がいた。

フィルムも、高価なトライXだけを使う嫌なヤツだった。

もとより、当方はSSかSSSしか買えない。

そんな皆の懐具合を見透かして、

そいつは自分のストックしたトライXを売りつけるのである。

彼の挨拶言葉は「ねぇねぇ、トライX買わない?」だったから、

あだ名も、「あのトライXが」であった。

爾来、トライXは避けるようになった。

(ついでながら、OM1も嫌いになったが、今は歳のせいか、

 なかなか悪くないと感じて居る)

そして人生、此処に到って、コダック社破産の報に接する。

トラウマは、そろそろ終了させて、

トライXを使ってみるのも一興かと思えるこの頃なのだ。

(捨身 ライツミノルタCL Mロッコール40㎜F2 PRO400)

(2008年8月 銀座にて) 

| | コメント (0)

2012年3月20日 (火)

フィルムカメラを持って…(1)

B12031904

デジタル画像が長く続いてしまった。

正直、疲労感を覚えるようになった。

フィルム画像(銀塩と云う用語は好きではない)をアップしよう。

去年の春、ビオゴン28㎜を手に入れてから、

フィルム撮影がまったくご無沙汰である。

明るいライツのファインダーを用意したことだし、

季節も良し、

フィルムカメラを持って、再び外へ飛び出さねばならぬ。

(捨身 2011年6月 府中郷土の森にて)

(ライツミノルタCL ビオゴン28㎜F2.8ZM SPG400)

| | コメント (0)

2011年10月 5日 (水)

土門所用のジナーSを拝観する

B11100401

B11100403

B11100404 

当地の市立美術館へ初めて行って来た。

旧市街の甲州街道沿いにあり、「八王子夢美術館」と云う。

ちょうど「土門拳の古寺巡礼」(~11/23)が開催中だった。

例によって、古典的な直球勝負の作品群を鑑賞し、

土門所用のジナーSも拝観する。

この頃、図録は買わないのだけど、今回はハードカバーで、

よく纏まった写真集に仕上がっているので手に入れた。

「土門拳の古寺巡礼」

(土門と、友人で美術史家の水澤澄夫のエッセイを所収)

(監修池田真魚 2011/7 クレヴィス刊)@¥2520也

(写真 CX5)

| | コメント (0)

2011年6月15日 (水)

極東の湿気

B11061401

この季節、極東の匂い立つ様な湿気を表現するには、

やはり、フィルムに如かずと想う。

カリカリのデジタル画像じゃ、どうにも潤いが不足するのだ。

(11日にアップした画像と比べてみると…実にホッとする感あり)

武蔵府中、大國魂神社境内の摂社、東照宮にて。

(写真 ライツ・ミノルタCL ビオゴン28㎜ F2.8ZM SPG400)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧