美術史

2016年6月 1日 (水)

出光美術館で伴大納言絵詞中巻を観る

B16053101
前回、当館で伴大納言絵詞を観たのは、何年前だったか。
おそらく、十年近くは経っているだろう。
当時は、絵巻の痛みが気になり、
てっきり、次回展示は無いものと想っていた。
でも、今回、開館五十周年記念の特別公開で、
再会出来たのは、まったく同慶の至りである。
この間、修復が進んだみたいで、
絵巻の状態が大分鑑賞に堪えるものになったのもいい。
全三巻を順次展示しているが、今日は以前より注目していた、
「中巻」のある場面を確かめて来た。
応天門放火の罪を着せられ、「天道」(仏神)へ無実を訴える、
「左大臣源信」(みなもとのまこと)とされる部分だ。
解説もそうなっているが、何だか説得力不足で、
「定説」とまでは謂えまい。
伴大納言絵詞は、長年の間に切り取られたりした可能性が高く、
各場面と詞書が「錯簡」(さっかん=繋ぎ間違い)で、
物語の筋立てや、登場人物の特定が難くなっているからだ。
筆者は、中世史家の黒田日出男氏の指摘のほうに強く惹かれる。
画中の人物が源信であることは正しいが、
「庭中」(ていちゅう)と云って、裁定を不服として、
所謂、直訴を試みる姿を描いているのではないかと言うのだ。
「庭中」が行われるのは、文字通り、御所の「庭」であり、
場面設定も、中世世界の作法に合っているようにみえる。
果たして、本当のところはどうなのだろう?
B16053102
(捨身 Canon S110)

| | コメント (0)

2014年12月 6日 (土)

古拙の微笑

B14101702

東博、この秋の特別展「国宝展」も、今週いっぱいで終わる。
連日、長蛇の列で大変だろう。既に十月中旬、観覧したが、
その際、平常展示で気になった絵があった。
戦国期(16C)に描かれた水墨画である。
「仙女図」と呼ぶ。
秦の始皇帝の時代、山間へ入り、
遂には、仙人と化したと云う、官女の姿を題材にしたものだ。
類画は、幾つかあるようだが、
概して、珍品の範疇に入るのではないか。
まず、装いが面白い。
結髪に素足、毛皮、樹葉の蓑を纏い、
仙果とされる桃の枝を松杖に引っ掛け担ぐ。
持物は、左腕に掛けた風呂敷状の袋に、
山中で採れた果実、経巻を入れ、瓢箪を二つ下げる。
もとより、描かれた時代、中世世界の感覚からしても、
「異形」なのだが、山に棲む職能民=山民として、
このような女性が居たとしても、おかしくないと想うのだ。
やや、こちらを見遣り、
不思議に微笑む彼女に、何故か魅かれた。
所謂「古拙の微笑」(=アルカイックスマイル)を、
地で往っているわけだ。
(捨身 Canon S110)

| | コメント (2)

2014年10月18日 (土)

東博の国宝展を観る

B14101701

さて、この秋の東博の特別展である。

会期が前期(10/15~11/9)後期(11/11~12/7)

に分かれるので、注意を要する。

保存の関係で、展示期間が限られるものがあるのだ。

筆者が関心を寄せる、中世絵画、絵巻、文書類は、

紙絹本だから、上記に該当するわけだ。

まず、「信貴山縁起」(尼公の巻)が外せないだろう。

これは展示が短い(~10/26)丸石道祖神の場面がある。

東博と奈良博に分かれて所蔵される「地獄草紙」は、

両巻(奈良博=前期 東博=後期)観られる。

東博の「餓鬼草紙」「一遍聖絵」(ともに前期)も押えよう。

法然上人絵伝」(巻を変えて前後期)「寝覚物語」(前期)

「当麻曼荼羅縁起絵巻」(上巻=前期 下巻=後期)もいい。

文書は「東寺百合文書」が出る(前後期で展示入れ替えあり)

仏像では、三千院の阿弥陀三尊来迎像から、観音、勢至両像、

前のめりに正座するあれだ。

奈良坂の般若寺と並ぶ、南都の境界寺院、安倍文殊院から、

文殊菩薩の眷属「善財童子」(上掲ポスター)が面白い。

その他、いろいろあるけれど、とりあえずはこんなところか。

絵巻物は、全て展開展示しており、近年、適切な修復が、

なされたようで、とても、鑑賞し易くなっている。

(捨身 Canon S110)

| | コメント (0)

2013年10月10日 (木)

舟木本・洛中洛外図を観る

B13100803

今回の東博特別展の、愉しみの一つに、

各時代の洛中洛外図の観比べがある。

代表的な洛中洛外図が、応仁文明の乱直後の、室町末期から、

安土桃山、江戸初期までの間に描かれたので、

その間の、つまり、戦国時代の人々の、風俗の移り変わりが、

手に取るように判るのだ。

岩佐又兵衛の舟木本・洛中洛外図の人物描写は、上杉本同様、

一人ひとりの大きさが、僅か25㎜程度に過ぎない。

しかし、その筆致の力強さと、細密さには目を奪われる。

大坂の陣前後、慶長・元和期(1597~1624頃)の京の賑わい。

京・五条通りで、扇を商う店先の光景だ。

扇を作り、売るのも女性である。

中世世界では、扇は、特別な霊力を持つと信じられていた。

また、上記のように女性が扱うものとして、

性的なシンボルとも、看做されることがあった。

店の左角で、笠を被り、扇で顔を覆い、辺りを窺う男、

これも、扇を使った、中世的な仕草の一つだ。

往来で、突然、何か異な状況に遭った時、とる行動である。

彼の視線の先に、笠を被り、木箱を抱える熊野比丘尼たちがいる。

彼女たちが持っている箱の中には、

絵解きに使う、掛軸が入っているのだろう。

熊野比丘尼たちも、やがて、聖なる存在から、

遊女のような、存在へなって往く。

(捨身 Canon S110)

| | コメント (0)

2013年10月 9日 (水)

洛中洛外図・全四作観覧達成

B13100801

東博で「特別展 京都 洛中洛外図と障壁画の美」(~12/1)

が始まった。

喧伝されている如く、現存、洛中洛外図屏風の代表四作が、

一堂に会する展覧会である。

上杉本(国宝・前期)

歴博甲本(重文・後期)

歴博乙本(重文・前期)

舟木本(重文・全期間)

前期10/8~11/4 後期11/6~12/1

他に、福岡市博本(重文・後期)

勝興寺本(重文・前期)池田本(重文・後期)も出品される。

既に、筆者は、上杉本、歴博乙本歴博甲本を観ている。

加えて、本日、最後の舟木本を観た。

従って、上記全四作の観覧を達成したわけだ。

あの頃は、些か大げさに、生きているうちにはと、

熱望して居たけれど、存外に早く、ゴール出来た。

なので、一寸肩透かしを食った感じで、感慨が湧かぬな。

岩佐又兵衛筆の舟木本は、

想ったより力強く、且つ細密で、印象的だった。

遠くない将来、国宝指定もあり得るのではないか。

(捨身 Canon S110)

| | コメント (0)

2012年7月12日 (木)

天狗草紙を観た(2)

B12071101

去年の暮れに、東博の天狗草紙を紹介したが、

この五月にも展示があり、東博がもう一つ所蔵する、

今は失われた、第二巻「興福寺巻」の模本が出ていた。

江戸文化年間(19世紀)に模写されたものだ。

これも現存していない、第一巻の「東大寺巻」と共に、

徳川将軍家の持物だったらしい。

上はその一場面、天狗そのものが登場し、集団で何やら悪さを…

やはり、鳶そっくりの姿に描かれている。

(天狗に関する論考は折に触れて続けます)

(捨身 二代目CX5)

| | コメント (0)

2012年4月30日 (月)

至福の機会

B12042901

二子玉川、静嘉堂文庫美術館の、

「平治物語絵巻・信西巻」巻き替え二回目と、

(~5/8 三回目は5/9~5/20)

上野、東博平常展の、

「平治物語絵巻・六波羅行幸巻」(国宝室~5/27)を観てきた。

今回は、これと、

同じく東博のボストン美術館展で里帰り中(~6/30)の、

「平治物語絵巻・三条殿夜討巻」を併せると、

現存三巻が全て同時に観覧出来るという、

文字通り、至福の機会なのだ。

(捨身 CX5二代目 東博の国宝室にて実物より)

| | コメント (0)

2012年3月24日 (土)

「海を渡った二大絵巻」を観る(2)

B12032301

平治元年12月9日深更(1160年)藤原信頼一派は、

俄かに軍勢を催して、後白河院御所、三条殿へ夜討をかける。

不意を討たれた御所側は、火をかけられ、多くの死傷者を出した。

平治の乱の勃発である。

後白河院の身柄が車に移され、護送されようとする場面。

信頼たちの目標だった信西一族は、早くも逐電した後だった。

まず、圧倒的に力強く、卓越した群像描写の妙に惹き込まれる。

しかも、移動撮影のように、俯瞰しながら、この絵巻を観る者は、

次々と、視点が誘導されいく。その先々に現れる、

個々の人物の表情、装束の描写も精緻を極め、魅力的だ。

やはり、現存中世絵巻の最高峰と言ってよい。

かつて、これほどの作品が海外へ流出したのだ。

(捨身 CX5二代目)

| | コメント (2)

2012年3月23日 (金)

「海を渡った二大絵巻」を観る(1)

B12032201

「特別展 ボストン美術館日本美術の至宝」(東博・平成館 ~6/10)

やはり、最大の見所はこれに尽きると思う。

(勿論、他にも素晴らしい展示品があるのだが、それらは後ほど) 

「平治物語絵巻 三条殿夜討巻」(13世紀後半)

「吉備大臣入唐絵巻」(12世紀後半)

今、国内にあれば、間違いなく国宝指定であろう。

今回は両絵巻とも、会期中、巻き変えは無く、

全ての巻、画面、詞書が展開され、鑑賞出来る、

稀有な機会になっている(保存状態も非常にいい!)

会場を訪れたら、何はともあれ、まず第一に、

此のコーナーに向かわれることをお勧めしたい。

今後、直に観られるのは何時になるか判らないから…

(捨身 CX5二代目)

| | コメント (0)

2012年1月 6日 (金)

平治物語絵巻断簡

B12010503

江戸東京博物館の「平清盛展」(~2/5)では、小品だが、

中世合戦絵巻の白眉、平治物語絵巻が鑑賞出来る。

いくつかの断簡で残る「六波羅合戦の巻」で、

清盛(捨身上)や義朝の姿が描かれた部分が展示中だ。

ついでながら、平治物語絵巻は、

東博本(国宝・六波羅行幸の巻)はじめ、

国内にあるものの他に、ボストン美術館が所蔵する。

現存各巻中、最高傑作といわれる「三条殿夜討の巻」である。

この3月、東博140周年に、ボストン美術館がやって来る。

「三条殿夜討」はもとより、「吉備大臣入唐絵巻」も出る。

これは何としても見逃せないだろう。

大袈裟ではなく、一生に一度のチャンスになるかもしれない。

(捨身 CX5)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧